スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植えしました!

25日、26日でとうとう田植えをしました。
参加したのは、にいにい、ひろみん、つかちゃん、owl、はっちゃく、ゆきちさん、ひろしです。

田植えの前に問題になっていた水がたまらない、田んぼの高低差をどうするか
についてメンバーで話し合った結果、残念ではありますが自然農のやり方にこだわるのは
手放して、今のこの田んぼの状況に添いながら進めようということになりました。

そして、22日にだいごさんの耕運機を借りて、田んぼを耕しました。
つかちゃん、にいにい、あやちゃん、owl、ひとみちゃん、ふゆふゆが参加しました。
3回にわたって土を掘り返し、田んぼはまったく違う姿に変わりました。
たくさんのミミズが死に、たくさんの草の根が失われ、痛みを伴う作業でしたが、
次の年にここからまた自然農ができる田んぼが生まれてくるのを待ちたいです。
23日には猛暑の中で、にいにい、はっちゃく、あやちゃん、ひろみんが畦塗りをしてくれて、
山側と下側の2面が完了しました。

25日の朝行ってみると、耕したのと畦塗りのかいあって、水位は高すぎるほどに
たまっていました。

まずは高いところの土を運んで両サイドの畦塗りをしました。
作業を分担しながら進めたので体力の消耗が少なくてすみました。
畦塗り終了

そのあと、さらにとんぼで全体を平らにならしました。
かなり高低差が解消されていい感じです。

平らになった田んぼ

そして、午後いよいよ田植えです。
いただいていたポッドの苗を1つづつ一列に並んで植えました。
苗の間隔は自然農にならって、条間(列の間)40センチ、株間25センチにしました。
1本1本植えながら、「丈夫に育ちますように」と祈るような気持ちになりました。
作業自体は1時間ほどで終わり9割方田植えは終わりましたが、またしても後半ブヨに襲われ、
かなり刺されてしまいました。
射されはしましたが、田植えまでこぎつけてみんな嬉しそうです。

田植え

翌朝から苗床の苗を1本づつ取っていきました。
ひろみん、ひろし、そして畑を見に来ていたゆきちさんも手伝ってくれました。
自然農のやり方で育てた苗たちは、発芽を心配し、草取りをしながらようやく育っただけに
一本一本がとても力強く感じました。

苗床の苗

その苗たちを1本づつ残ったスペースに植えました。
そして最後に苗床を鍬で崩して山側に残っていた部分の畦塗りです。
これはかなり骨が折れました。
日差しも増してきて、ふうふういいながら力を合わせてようやくやりました。

苗床を崩しました

ここは水が抜けているといけないので、3人で入念に踏みました。
しばらく様子を見ないと心配なので、この日はここには植えずにおきました。

というわけで、みんなの力を合わせ、たくさんの方々の力をお借りしながら
ようやく田植えが終わりました。
このあとの苗たちの成長が楽しみです。

田植えの終わった田んぼ





スポンサーサイト

畦塗りに挑戦

今日はあやちゃん、にいにい、あきちゃん、ふゆふゆ、えりおで苗床の草取りと
畦塗りをしました。
苗床は前回来てくれたメンバーがやってくれた部分はすっきりしていたので、
残りをやりました。

稲によく似た草が育ってきていて、最初はわからずにおそるおそる抜いていたの
だけど、よくよく稲と比べてみると、濃い緑色で白い産毛のようなものが生えている
方が雑草だとわかって一安心。
いままで、草の形状をこんなにまじまじと観察したことあったかな~。

発芽した苗の本数は予想より少ないのだけど、順調に育っています。

画像 920+

苗も育ってきたので、そろそろ田植えの準備ということで、次は畦塗りです。
畦塗りをするにはまず田に水を入れるところから。

画像 924+

田の周囲の溝にある程度水がたまったら、泥を練って畦に塗りつけていきます。
ひろしさんが見つけてくれた自然農のサイトの写真を見て、事前に畦塗りのイメトレは
していたのだけど、実際にやってみるとなんだかイメージ通りにならない…。

もともと畦塗りはまず泥を練って、一日おいて少し固くなってから畦に塗っていくらしく、
練ってすぐ塗りつけようとしても、水が多くてくずれてしまいます。

画像 928+

本を見たり電話をしたりして確認してみると、畦塗り用には溝の内側をある程度削って
もっとたくさんの泥をつくっておく必要があったこと、また草を更に短く刈っておく必要が
あったことがわかりました。

画像 925+

また、田んぼに水を入れてみると、まだ水がたまりにくく、田んぼの中に平らでない
場所があることもわかりました。
田んぼの中が平らでないと、田植えをして水をいれたときに低いところは水没して稲が
枯れ、高いところは干上がってしまうそう。

う~ん、なかなか思ったとおりにいきません。
水の調節も、こちらの田んぼに入れると下の田んぼに行かなくなったりと難しい…。

もし作業がはかどれば田植えまで行けるかなと考えていたのですが、結局畦塗りで
時間切れとなり、課題を残しつつ作業を終えたのでした。

苗床の草取り

今日昼からひらとひろしで、苗床の草取りに挑みました。

つかちゃんからの引継ぎで、なかなか手ごわい印象を持っていましたが
見てみたら、スギナを中心にいろいろな草が稲の苗の周りに
群生していて、かなりやっかいな状況でした。

苗床の草

手当たり次第に草をとると、稲もいっしょに抜いてしまうので、
一本一本の草を根元までたぐっていって、根元から丁寧に取っていきました。
かなり集中力がいる作業なので、休みながらゆっくりやりました。
コツとしては、まず藁を取ってしまってから、スギナを取ると稲を間違って
抜きにくくなるようです。
それと、目線を上からでなく、少し横から見るようにすると、スギナと稲の
違いがはっきりするので間違いにくくなりました。


スギナが取れると、稲がかなりはっきりと顔を出し、
全体でも稲が目立つようになりました。

苗床の草取り後

二人で懸命にやりましたが、集中が持たなくなり、最後のほうは
間違って稲を抜いてしまうようになったので、途中であきらめて
1/3ほどは草が残っています。

これまでの経験からわかることは、
種籾を蒔くときに藁を厚くしすぎないこと。
稲が発芽したら、草を早めに取ることでしょうか。


今日は草刈機をだいごさんちに貸してもらえたので、
全体の畦や電気柵の周りの草もきれいに刈りました。

でも1週間もすればまた草の海になる季節なので、
こまめに刈っていく必要がありそうです。
そうやって草を敷き続けていけばそのうちに草自体が押さえられるはず。

今日行ってきました。

ひらです。
今日ひろしさんと2人で行ってきましたので、残しておきますね。

ただ画像はひろしさんが携帯で撮ってくれていたので、
ここでは備忘録程度に作業報告のみをしておきます。
あとでひろしさん、よろしくね~。

お互い久々だったこともあり、クルマの中で
苗床はどうなっているかな~、とか
今日の作業手順を確認しながら、昼頃に到着。

だいごさんが草刈機を置いてくれていたので、
それを借りながら、畦・苗床系の草刈全般をしてきました。

まずは、だいごさんが書いてくれていたことに沿って草刈り。
溝周辺に開いていた穴ぼこを埋めつつ、
上下の畦、電気柵周り、そして水路まで一気にやりました。
特に水路周りは草ぼうぼうだったので、一度刈って、その後
もう一度スコップで草をどかしながら、水を流しながら水路を
整備しておきました。

つかちゃんに引き続き大分すっきりしたと思います。

本当に草刈り機さまさまです。
これがなかったら相当しんどかったと思います。
草刈り機のブーンという振動とともに草刈り終わっても
しばらく手がブーンとうなっていました。。。

その後、ここからは手作業で苗床の雑草抜きを一生懸命
やりました。
慎重に慎重に、苗を抜かないように細心の注意を払いながら
やったのですが、やりながら徐々に苗の姿が際立ち始め、
うれしくも思ったよりも苗が発芽しているなあ~と思いました。
一番育っている苗で、15センチはいっている感じで、
小さい苗で5センチ程度でした。
(それでもあと1000本位苗を調達した方がいいね、と二人で
言っていましたが。)
この苗床作りについては、帰りのクルマの中で次に向けて
こうした方がいいかもねとか、ああした方がみたいな話で
結構盛り上がりました。
この辺はまた今度。

あと大体苗床の2/3は草抜きをやったので、次の人は残りをお願いします。

ここはやりながら得たいい感じのやり方を次に人のために書いておきます。

●草抜きする範囲の一度ワラを全てとる
 横着せずにワラを一度とるとやりやすかったです。
●上から見てもよくわからない。
  しゃがんで同じ目線で見ると、苗かどうかがよくわかる。
 やってみるとわかります。
●そして最後に間引いたワラを戻す。

ここはいくらでも熱く詳細に書こうと思えば筆が止まらないので、
簡潔にここまでということで。

帰りに二人で話をしていたのですが、
おそらく田植えは、早くて10日後~2週間後がいいのでは?と思います。

それまでの作業としては、
●苗床の草取りを引き続き
●田植えする予定の田んぼの草刈り
●畦塗り(水が抜けないように確認)
●排水用のパイプの設置

この辺になると思います。
そして不足分の苗の調達かな。

とりあえずこの辺までを記して、補足等をひろしさんにお願いしたいと思います。

いや~、それにしても田んぼの作業は気持ちがいい!


ひら
プロフィール

プロジェクトカレーライス

Author:プロジェクトカレーライス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。