スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種籾まき~!!元気に芽を出せよ!

4/22(木)は、苗代をつくって、種籾を蒔きました!
まずは、苗代のサイズを決めます。
「自然農・栽培の手引き」24ページを参考にして1.4M×6M(たぶん。
違ったら修正してくださいな)に決め、道具小屋の最も近くに位置取りしました。
苗床計測

溝を堀って、区画を決めたのですが、前日に雨が降ったので、
楽に掘ることができました。
掘った土は、籾の上に被せるために、横に広げて乾かしておきます。
手引書によると、次は表土を削るのですが、前回、かなり草をとった
お陰で、削らずに、残っている草をとるだけで十分でした。

草とりにいそしむ、どこから見ても農家の満足げなおじさん2人(笑)
       ↓↓↓
雑草を取り除く

そして次はいよいよ種籾を蒔きます。
種籾は糠や藁と一緒にヒラが木の花ファミリーから2000円で
調達してきてくれたものです。(手前の青い袋が種籾)
籾と糠

最終的には種籾の間隔が3cm程度にしていくのですが、まずは
手のひらから全体に蒔きます。
もみをまく

ここで教訓。つい、うれしくてたくさん蒔きすぎないように!!
3cm間隔に並べなおすのが大変です!
おそらく、最初から3cm間隔に置いていく方が、効率的なようです。
ただ、並べ直しながら、哲学にふけりたい人にはお勧めしません。
「効率」という言葉とも向き合いながら、並べなおす方が楽しめるでしょう。

籾蒔
    ↑↑↑コツコツと並べなおしてます

このあと、先ほど乾かしておいた土を種籾が隠れる程度にまいて被せます。
その上から、軽く押さえて籾と土が密着するようにします。

その上から10cm~15cmに切った藁を敷いていき、さらに切っていない長い藁を被せます。

藁敷き

ここまでで苗代としては終了。でも、安心してはいけません。スズメなどの鳥達の
獲物とならないよう、次の作業が肝心です。
鳥よけのヒモを張っていくのです。タテ、ヨコ、ナナメと、鳥の気持ちになって、
「イヤだなあ」と思われるようにヒモを張り巡らせるのです。
取り除けの紐を張る

最後に藁が風で飛ばないように木で重しをして、すべての作業が終了です!!!

苗床完成

みなさま、行った時はくれぐれも鳥よけにひっかからないように・・・
モモちゃんが実は一番心配だったりするのですが・・・

11時過ぎに作業を開始して、終了したのが、4時近かったかな?
(違ってたら、修正してくださいね)
種籾の並べ直し作業が一番時間がかかりました。
順調にいくと、2週間後、ゴールデンウィーク明けにはかわいい芽が顔を出すことでしょう

晴れ渡った空の下、肉体は疲れても、不思議とエネルギーは満ちてくるという、いい時間でした。

このあと、だいごさんの田んぼの泥の中に裸足で入って作業しましたが、
これまた足裏の感覚を呼び覚まされる心地よい体験でした!

はっちゃく
スポンサーサイト

水路のプレ補強


4/15は、水がぬけた田んぼを補強しました。
天気は、晴れ。(たまに曇り)
メンバーは、あやとだいごさんです。

まずは、水が抜けてしまった、田んぼの状態。
今朝の干上がり具合(全体)


水路もこんな感じ。干上がってます。
今朝の干上がり具合(水路)


この水路を補強するため、畦塗りの要領で
水路の底に溜まった泥を、水路の側面に塗りつけて補強します。

だいごさんいわく、
「水入れる直前に補強をやったほうがいいかも。
今やって、水入れるまでに時間がたつと、ヒビはいると思うんだ。
でも、一度やっておいたほうが、さらに補強になるかな。」

・・ということで、プレ補強(?)してきました。


水路に水を入れて、泥状にしたものをすくって・・
泥をすくって・・


側面にペタペタ。
側面にペタペタ

(鍬を横向きにして、泥をすくいあげ、そのまま上に持ち上げて
水路の側面にぺたっと落とします。
その泥を、鍬の背の部分を使い、左右スライドさせたり、ペタペタと叩いたりしながら
水路の両側面を補強します。左官屋さん状態です。)


そして、あとは水路の底を、踏む。踏む。踏む。


午前中で、田んぼの3辺の水路を終えました。
真ん中の水路とあと1辺は、次回。
プレ補強後の水路


ひたすら、塗り・踏み、塗り・踏み、
(ときどき、モモちゃん(だいごさんちのわんちゃん)をなでて)
塗り・踏み、塗り・踏み・・・・

気付くと、何も考えずに、ただ没頭してました。
こういうのも、気持ちいいものです。

ワイルドショック!電気柵設置


4/13は、猪や猿よけのための、電気柵(その名も「ワイルドショック!」)の
設置作業をしました。

3月に、田んぼとなる予定のこの地に来た時には、
あちこちに掘り起こされたような凸凹が。
猪くんたちの仕事の跡なのでした。

しばらくは、この土地はお米や野菜をつくるのに
貸してもらうので、猪や猿たちには
ちょっと距離をとってもらいましょう。。


メンバーはふゆふゆ、あきちゃん、だいごさん、
午後からは、ひろみん、あやが合流しての、5人体制でした。

下準備をしてから、いよいよ電気柵を設置するために四隅に杭打ちし
ポールを1.5m置きに地面に挿していきます。

上の畑から下の田んぼまで
総計70数本のポールを打って、そこにつけた金具にワイヤーを通していきます。

下から並行して2段のワイヤーを廻らせたところで、
3本目(一番トップ)にさらにもう1段ワイヤーを廻らせることにしましたが、
金具が足りずに近所のコメリにだいごさんに連れて行ってもらって買出し
に行きました。

残念ながら金具はコメリに無かったため、残っていた金具で
どうにか2,3本置きにポールにワイヤーをつけて、
三段目も一応つけました。

電気柵設置作業


設置がおわったところで、
ワイヤーに草や枝がかかって漏電しないように、
ワイヤーの周辺を、みんなでざっと草刈りをしました。


ここで通電開始!
通電式(?)として、だいごさんがワイヤーに触ってみることに・・・

通電テスト?!

だいごさんいわく、
「すごいっ!手が溶けそうになって、そのまま体をとって足までビリビリきたっ!
これは猪も猿も、いっぺん触ったら来ないわ~」
・・ということでした。
良い子の皆さんは触らないようにしましょう、3000Vです(@@)


スイッチは道から田んぼにぶつかったところの角にある円形で緑色の機械の底にあります。
必ずその部分のスイッチがゼロになっていることを確認して下さい。
普段は、スイッチが入った状態になっています。
(上に掲載した通電式の画像に映ってる、だいごさんが触れているワイヤーの手前のポールに
ぶらさっている緑色のが、それです。)

電気柵設置完了!


そして、昨日から心配していた、田んぼへの水の入り具合について。
朝いちばん(6時半くらい?)に、つかちゃんが、田んぼまで見に行ってくれました。
「入ってないねえ。。。」


そこで、試験的に水をほぼ止めてみたところ、溜まっていた水がすっかり抜けました。
今は完全に干上がった状態です。

ちょうど隣で畑に出ておられた小林しげるさん(オーナーさんの、弟さん。
笑顔がやさしい、とてもいい方です!)に、だいごさんが聞いたところ

「1、2年は水を流しっぱなしにして、ようやく1昼夜水がもつくらいじゃないか」

「底ではなく山側の土手が水を吸うこともある。叩いて固めたりすることも有効」

・・・とのことでした。今後の対策が必要ですね。


ゆったりした時間の中で、でもあっと言う間の1日でした。

田んぼに水が入った!

4月11日~12日の作業は、田んぼに水を入れる!でした。

高速道路が、土日どこまで行っても千円!という割引が始まって、
みんな集合に時間がまちまちでした。
でも、10時ぐらいには、ひろし・ひとみ・あやが集合。
11時にはつかちゃんが合流。

3月31日に田んぼの半反分にぐるりと、溝を掘りましたが、
今回は、その真ん中にさらに溝を掘りました。
ひろしによると、前回の周辺ぐるりを掘るには、ずいぶん根を切るのが、
男3人でも大変だったということでしたが、
真ん中は、比較的やわらかく、10時に作業を始めて、約45分程度で、真ん中の溝堀完了。

真ん中の溝


次に、水路から田んぼまで、水を通す溝を3人で掘ります。
こちらも、比較的短時間で溝を掘ることができ、
正午には、開通!
水が、田んぼに入り始めました!

水路

20090411_IMG_4058_convert_20090413214608.jpg


溝に入ったものの、なかなか水が貯まらない。
モグラの穴から水が漏れて、
下の大吾の田んぼに抜けてしまい、
みんなで、溝に入って、踏みながら粘土層が突き抜けていないか、足で確認。
漏れているところを、足で踏むと、漏れている水が濁ったり、
水の流れが止まります。
穴を確認したら、そのあたりに土を入れて、足で踏み踏み。

溝を踏む

11日の終わりは、こんな感じで終わりました。↓

11日の終わり溝に水入る

明けて12日。
その日は、朝9時から作業を開始。
なかなか思ったとおりに水が入っていない。。。
抜ける穴を探し、溝を補修。
田んぼ全体が、山側が高く、平らになっていないので、
それを平らにする作業をしました。
平らにしないと、水が全体に行き渡らないからです。

それをやると、結局、耕すことになってしまい、
草の生えている栄養があるところをはがしてしまいました。

約3時間で半分近くが、水がなんとなく行き渡りましたが、
半分がまだまだ。

4月12日朝の状態水半分


結局、そのまま水を入れ続け、
13日には、水量を増やし、穴のあいたところを確認し、補修したため、
満水近くまで行きました。
そのあと水を止めて、どのぐらい抜けてしまうかをチェックしています。


その後に、にんじんと、トウモロコシを、自然農法で種を蒔きました。

五寸にんじん

ハニーバンタム

その作業の後に、となりの村で、お神楽と狂言があり、みんなで見に行きました。

五穀豊穣を願う人々の春祭り。
山々は、うっすら緑と桜のピンクのモザイク。
春は、みんなが嬉しく、生き生きと作業をした二日間でした!


溝堀り

3月31日

今日は田んぼで溝堀りをします。
稲を植える場所の周囲を溝で囲う形になります。

集まったのは4名。
天気は午前中曇り、午後は晴れ。
作業を始めたのは10時前くらいでした。

雪解け水なのか、用水路はだいぶ水量が増えていました。
画像 550+


近くの神社にお参りをすませて、作業開始です。

まずは溝を掘りたい場所に棒を2本たててヒモを張り、それに沿って
地面にスコップを入れていきます。
スコップで掘るというと簡単そうだけど、場所によっては草がしっかり
根を張っていてなかなかスコップが地面に入らない!
うう、前途多難か…?
画像 556+


二人で溝の左右からスコップを入れているところです。
溝の幅は30センチから40センチくらい。
深さは25センチから30センチくらい。
画像 555+


あまり深く掘ると粘土の層をはがしてしまい、水漏れしてしまうそうなので
様子を見ながら土を掻き出していきます。
掘った土は隣の田んぼとの境に積んで畦を高くしたり、田んぼの中でデコボコに
なっている場所をならすのに使います。
画像 562+


隣の田んぼに遊びにきていた2人が手伝ってくれたおかげで、ゆったり
休憩したわりには、予想より早く溝を掘り終わることができました。
よかったよかった♪
画像 581+

体力的には(まじめにやると)結構大変な作業だったけど、みんなと
おしゃべりしながら楽しくやれたので、あっという間でした。
隣の田んぼで子供たちがどろんこになって遊んでいたり、ももちゃん(犬)が
うれしそうに走り回っているのを見ていたら、とってもなごみました。
3時前には終了して、解散しました。

田んぼにはつくしやペンペン草がたくさん生えていて、春の風情でした。
画像 563+
プロフィール

プロジェクトカレーライス

Author:プロジェクトカレーライス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。